現在、250GBのストレージのMacbookProの33GBをWindowsが占拠している。。

まぁ、仕方がないのは仕方がない。ParallelsでWindows10を2019年2月ごろにインストールしました。

それからIllustratorとPhotoshopの同時起動がしんどくなっています。。。。

まぁ、ここまでがっつりこのMacBookProを使う予定ではなかったので、仕方がないといえば仕方がないのだけれど、このWindowsをどうにか出来ないかと考えました。

そこでふと思った。「これ、外付けに出せないのかな、、、、」

 

調べた結果、同じことを考えてやっている人がいました。

USBに移動した方↓

https://mac-8.net/archives/2923

 

外付けSSDに移動した方↓ ただ、Illustratorの動きがモッサイとおっしゃられていることが気になる。

http://pax-wisdom.com/macbook-pro-parallels-desktop-move/

 

こちらの方も外付けSSDに移動されています。↓

http://estudiopersonal.com/archives/3500

こちらの2018年8月の記事

 

みなさんスムーズに出来ているようなので、自分もチャレンジすることに決めた。

 

ちなみに私のParallelsは14のバージョンです。(過去に8も買っていましたが、どうせならと思い買い直しました。)

手元に外付けSSDは無かった為、以前購入してお気に入りのSanDiskのUSBでやってみることにしました。

Type-CとType-Aにスマートに対応してくれてオススメです。

 

手順1:USBをフォーマット

まずはUSBを確認。FAT32になっちゃってたのでexFATに構築し直します。

これに関しては、こちらの記事を参考にさせていただきました。

手順2:MacBookProから外付けUSBメモリーへWindows.pvnをコピー

Parallelsフォルダ内にある「Windows 10.pvm」を用意したUSBの中に移動させました。

手順3:Parallelsを起動させ、コントロールセンターにコピーファイルを入れる

まず、MacBookProでParallelsを起動させます。

そして、メニューバーからコントロールセンターを開きます。

ここのコントロールセンターで、ParallelsにどのOSが紐づけられているかが管理されているようです。

コントロールセンターのウィンドウに、先ほどUSBへコピーしたファイルをドラック&ドロップし、登録を完了させます。

手順4:USBのWindowsが動くか確認。

新しく出来た方をクリックしてみます。

すると以下のようなポップアップが。

これは別にUSBだからというか、最近メモリが少ないからなのかなーと思い、ひとまずスタート。

Windowsと繋いでる時はUSBを外すなという警告が出ました。

無事にUSBから立ち上げられているようです。

基本的に使いたいのはPowerPointでして、それが無事に(ちょっと遅いけど)使えそうなのでよしとします。

手順5:本体のWindowsを削除する

もともとMacに入れていた方のWIndows10を右クリックして削除します。

ゴミ箱もからにしてしまいましょう。

本当にストレージは解放されたのか??

236.6GBから204GBになりました!

なんとか空き容量が45GB以上になったので、なんとか作業できるレベルにはなったようです。。。。

作業速度はどうか

体感的にですが、遅くなりました。。。

WindowsをUSBから立ち上げると、やっぱりワンテンポ遅れる感じです。

私のWindowsでの作業はPowerPointがほぼですが、スライドをめくったときに、コンマ数秒遅れて表示されてしまいます。

今回使用したUSBはUSB3.1対応のものですが、やっぱりモッサイです。

今後は外付けSSDの導入も検討していきたいと思います。

 

最後になりますが、参考にさせていただきましたブログの管理者様に感謝いたします!ありがとうございました!

おすすめの記事