こんにちは。ヤマモトです。

 

Instagramを本サイト用に活用していこうと思い立ったので、いろいろと必要だったことを記事にしていきたいと思います。

 

Instagramの公式ロゴマークをダウンロードしよう!ベクターデータ、psdもあるよ!

Instagramは写真投稿SNSとして、利用率が年々高まっています。

このSNSを活用するさいに、ひと目で「インスタやってるんだ」と伝わるのは、やはり多くの人が認識している「インスタのマーク」を使用することが効果的です。

 

アプリのアイコンにもなっているマークを使用することで、ひと目で「インスタのアカウントがある」と認識してもらいましょう!

 

ダウンロードは公式ページから行えます。

 

まずはhttps://en.instagram-brand.com/にアクセスしましょう。

 

続いて、【Assets】をクリックします。

 

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

アイコンデータをダウンロードしたいので、【GLYPH ICON】を選択します。

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

利用用途の選択規約承認をおこない、【Download】を選択します。

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

 

利用用途の選択については、【Online】【Print&Packaging】【TV&Film】の3つの選択肢があります。

 

Webで利用する分でしたら、【Online】を選んでいれば問題ありません。

 

以下のように、3種類のアイコンデータがダウンロードされます。

 

【eps】、【png】、【psd】の3種類のデータが入手できます。

 

 

 

eps:ベクターデータです。Illustratorなどのベクターデータに対応したソフトに入れると、拡大しても画像が荒れません。

 

 

 

png:透明部分が反映されるデータです。

 

 

 

psd:AdobePhotoshopというソフト用のフォーマットです。対応している画像編集ソフトで開けます。

 

 

ちなみに、カラフルなロゴに関してはベクターデータ入っていません。psdのみのようです。

Instagramのアイコンは色を変えてもいいの?利用規約は?

 

さっそくダウンロードしたアイコンデータですが、利用規約をきちんと理解して利用する必要があります。

 

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

どうせなので、原文を確認しながら利用規約を理解しましょう。

 

 

Only use the glyph files available here.

ここで取得できるグリフファイルのみを使用してください。

 

Our downloadable assets include a black glyph on a white background and a multicolor version.

白地に黒の画像と、多色バージョンのものがダウンロードできます。

 

You can change the glyph to any solid color, as long as all other aspects of its design stay the same.

デザインの他のすべての側面が同じである限り、グリフを任意の単色に変更することができます。

 

Though, we recommend showing the glyph in black or white.

ただし、グリフを黒または白で表示することをお勧めします。

 

The glyph should always be paired with a call to action button (example: Follow us on Instagram!), unless you’re showing it in a lineup of social media icons.

グリフはソーシャルメディアアイコンのラインナップに表示していない限り、アクションボタン(例:Instagram!をフォローしてください)とペアにする必要があります。

 

 

Instagramアイコンの余白について

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

アイコン自体の半分のサイズのスペースが上下左右にある必要があります。

 

最小サイズ

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

設定された比率を常に維持し、29x29ピクセルより小さいグリフを表示してはいけません。

 

表示例

 

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

https://en.instagram-brand.com/assets/glyph-iconより

 

 

Instagram自体の利用規約については、https://help.instagram.com/478745558852511に日本語での規約が提示されているので目を通しておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

Instagramユーザーは増えているので、ビジュアルを押し出した商品などにはぜひ活用するといいでしょう。

 

どうせ活用するなら、公式アイコンを使ってフォローを促すようにしましょう!

 

 

 

 

おすすめの記事