こんばんは。 今回はちょっとお仕事で困ったことがあったので、 シェアするために記事をアップします。

商用利用可の中国語フォントが欲しい!

先日お仕事関係で、中国語を使用したデザイン依頼がありました。

といっても私は中国語わからないので、 中国語の原稿をいただいてデザインをしました。

で、さぁ大変! 中国語のフォントがないぞ、、、となったのです。

調べたものの、よくわからない、、 かといってそう度々使うフォントでもないので お金をかけるのもなぁ、、、と悩みました。   と、そんなときに思いついたのが、「Fontkit」です。

Typekitって何?

Typekitとは? 公式ページはこんな回答です。

  Typekit は Creative Cloud に付属のフォントサービスで、 多数のフォントが提供されています。   これらのフォントは Creative Cloud デスクトップアプリケーションや Web ページで使用できます。

まぁ、簡単に言うと、有名フォントがタダで使えちゃうサービスです。

デザイナーにとってフォントはとても大切ですが、 大切だからこそ値段は張ります。。。

有名どころは「モリサワフォント」。

モリサワさんも買い切り型ではなくて、 「年間パスポート」というサービスを始めています。

 

すべてのフォントが使える代わりに毎年費用が発生します。。

コンプリートプランは、PC1台につき49800円で 全部のモリサワフォントが使えます。

ちなみに1書体だけを買い切りで購入しようと思うと、1書体20000円です。

モリサワフォントも10書体入ってる!Typekit

そんな高価なモリサワフォントがTypekitからは 10書体もダウンロードできちゃいます。

Typekitの中国語フォント

Typekitの中国語フォントは「Source Han Sans Simplified Chinese」   「Source Han Sans」

フォントには、簡体中国語の文字31000種があるそうです。

 

Adobe Creative Cloudを契約しているならTypekitも使わないと損です!

ちょっと「中国語 フリーフォント」ってググっても、 なかなかTypekitまでうまくたどり着けなかったので、 私の他にも困っているデザイナーさんいるよな、、と思い、 こっちのブログでシェアしちゃいました。

フォントのダウンロード方法

簡単にスクリーンショットをまとめたのでご紹介します。

1.Typekitからフォントを追加を選択。

2.TypekitがWeb上で開かれます。

3.フォントを検索してみましょう。

4.目当てのフォントが見つかったら「フォントを使用」をクリックします。

5.あとは同期するだけです。

 

よかったら参考にしてください^^

おすすめの記事